インフルエンザ予防接種

接種回数
13才未満は1~4週間あけて2回、13才以上は1回または2回です。
1週間よりは3~4週間あける方が、効果があります。
1週間でも可能です。

接種の効果
予防接種の効果は、2週間目くらいから効果が出始め、5ヶ月くらい(2回打つときには2回目から5ヶ月)効果が続きます。
ワクチンには、その年に流行が予想される型3~4種が入っていますが、予想がはずれることもあり、ワクチンの効果は100%ではありません。
肺炎などの重症化を防ぐ効果はあるといわれています。

関連記事

  1. 花粉症の時期の外出エチケット

  2. 手洗いの習慣を身につけましょう。

  3. 嗅覚・味覚検査

  4. 帯状疱疹ワクチン(シングリックス)の接種を開始しました

  5. 耳鳴の原因

  6. 耳鼻咽喉科処置の再開につきまして

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。