花粉症のメカニズム

私たちの体は“花粉”という異物(アレルゲン)が侵入するとまず、それを受け入れるかどうかを考えます。

排除すると判断した場合体はこれと反応する物質をつくる仕組みをもっています。この物質を「IgE抗体」と呼びます。

抗体ができた後、再び花粉が体内に入ると、鼻や目の粘膜にある肥満細胞の表面にある抗体と結合します。

その結果、肥満細胞から化学物質(ヒスタミンなど)が分泌され、花粉をできる限り体外に放り出そうとします。

・・・そのため、くしゃみで吹き飛ばす、鼻水・涙で洗い流す、鼻づまりで中に入れないよう防御するなどの症状が出てくるのです。

関連記事

  1. 花粉症の時期の外出エチケット

  2. インフルエンザ予防接種

  3. ご自宅近くの薬局で受け取れるように対処いたします。

  4. 耳鼻咽喉科処置の再開につきまして

  5. ドロップスクリーン(アレルギースクリーニング検査)を導入しま…

  6. 耳垢

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。