重症のスギ花粉症に対するゾレアを開始しました

重症のスギ花粉症に対するゾレアを開始しました

すでに気管支喘息、慢性蕁麻疹で使用されていたゾレア皮下注が、昨年より季節性アレルギー性鼻炎(スギ花粉症)に対して治療薬として承認されました。
鼻水、鼻づまりやくしゃみ、目のかゆみなどの症状を引き起こすアレルギー反応のメカニズムには「IgE抗体」が大きくかかわっています。ゾレアは、季節性アレルギー性鼻炎のアレルギー症状を引き起こすIgE抗体に作用する抗体製剤です。
重症のスギ花粉症の方が対象で、内服薬、点鼻薬等の既存治療で効果が不十分であった方に適応が限られるなど、条件を満たしているかの確認が必要になります。また薬価が高いお薬になりますので、ご理解いただいた上での検討をおすすめいたします。
詳しくは以下ご参照ください。


https://hajimete-xolair.jp/)

【投与の際の注意点】
・ゾレアを使用するにあたり、治療適応の判定や血液検査、薬物治療の効果をみることが必要となるため初回投与まで3~4回来院していただく必要があります。
・12歳以上で、スギ花粉抗原に対する血清特異的IgE抗体がクラス3以上が対象になります。治療の適応がない場合は行えないこともあります。
・スギ花粉の飛散時期(概ね2~5月)に月1~2回、皮下に注射します。
・投与量・投与間隔(薬剤費)は、初回投与前の血清中IgE濃度および体重に基づいて決定します。
・主な副作用は、注射部位の赤みや腫れです。全身にわたって生じるアレルギー反応(アナフィラキシー)により、のどの腫れや息苦しさといった重い副作用の報告も稀にあります。
・投与期間中も、抗ヒスタミン薬(花粉症の薬)の内服なども併用して使用します。
・水曜日と日曜日は院長不在のため受付できません。

関連記事

  1. 院内感染防止運動を実施しております

  2. 帯状疱疹ワクチン(シングリックス)の接種を開始しました

  3. 平成29年度インフルエンザQ&A

  4. 耳鳴の原因

  5. 舌下免疫療法

  6. 手洗いの習慣を身につけましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。